ギターの全てが丸わかり

お手入れをしっかりして長持ちさせてあげましょう

学生時代はギターばかり弾いていたけれど、社会人になってから全く弾かなくなって押し入れに眠っている。
それでは、大切な思い出も長持ちしません。
久しぶりに弾こうと思っても、劣化してしまっているなんて事になってしまったら大変です。
お手入れをしっかりして長持ちさせてあげましょう。

ギターのお手入れ方法はまず、本体にほこりが付着して取れなくなってしまう前に専用の柔らかい布で軽く拭いてあげる事から始めます。
ほこりをそのままにしていると音色が変わってしまいます。

保管しておく場所は、風邪通しの悪い押し入れではなく、風邪通しのよい日陰に保管しておきましょう。
日向はNGです。

またお部屋の環境としては、湿度50%程度が理想です。
感想しすぎても、湿気がありすぎてもよくありません。
ちなみに生産工場では湿度50%、温度は22.2%が保たれているそうですよ。
大切なギターならこの湿度を保ってあげてください。
他には、長期間使わない時は減のペグを3回ほどまわして緩めておくとよいでしょう。

保管状態がいいと、いつまでも楽しむ事ができるでしょう。
もしかしたら、自分の子どもがそれを使う時がやってくるかもしれません。
親子間で受け継がれるってなんだかいいですね。

ギター買取

しかし、今ちょっとお金に困っていて大切なギターだけど泣く泣く手離したいという方は、ギター買取の楽器マートにご相談ください。
当社のスタッフがあなたのギターの秘めた価値を見極めて出来る限りの高額査定をいたします。そのお値段にご納得いただけたなら契約成立となります。
あなたの大切なギターの事、忘れずにしっかりと考えてあげてください。

  • GIBSON買取
  • Gretsch買取
  • IBANEZ買取
  • LINE 6買取
  • Rickenbacker買取
  • Martin買取
  • ESP買取
  • FERNANDES買取

買取価格が気になったらコチラ♪

楽器買取のお問合わせ 電話 0120-311-329/こちらをクリック