ギターの全てが丸わかり

ギターコードの世界は非常に奥深い

コードが正しく押さえられずにいい音を鳴らすことができないと悩んでいる方もいるでしょう。

どんなに有名なギタリストでも、最初から演奏がうまかった訳ではありません。
みんな練習を重ねて、あのように素晴らしい演奏をすることができるようになっていったのです。

コード練習をする前には、左手の爪は短くしておきましょう。
そしてまずはFコードのポイントを紹介します。
初心者の多くは、このFコードに苦戦します。これはそれ以外のバレーコードと比較すると、Fコードはグンを抜いて押さえづらいと言われているからです。
ギターには省略フォームというものがありますが、Fコード攻略としては、この省略フォームも有効になります。
ただ省略フォームではどうにもならないというときがあります。
そういったときはテキストでは指一本で押さえるように書かれてあるところを指二本使ってみるだとか、そのように工夫することによって乗り切ることができます。
また代理コードというものもありますので、そういった別の方法を探っていきFの音を出すという選択もアリなのです。

続いてはGコードの押さえ方についてです。
ローコードであるGは、比較的押さえやすいコードのため、ギターを始めてすぐに覚えるというパターンも多いです。
このGコードの場合、押さえ方は2種類あります。
ひとつめは、1弦を薬指を使って押さえておくというものです。
そしてふたつめは、1弦を小指を使って押さえておくというものです。
これらはどちらも正しいですので、押さえやすい方を選ぶといいでしょう。
ただ小指に力がまだあまりない頃には、ひとつめの方法のほうが押さえやすいということがあります。

ギターのコードの世界はこのように奥深いのです。

コードは覚えたけれど、あまり弾く機会もなく、部屋の隅に置きっ放しのギターがございましたら、一度私どもギター買取の楽器マートにご相談下さい。

  • GIBSON買取
  • Gretsch買取
  • IBANEZ買取
  • LINE 6買取
  • Rickenbacker買取
  • Martin買取
  • ESP買取
  • FERNANDES買取

買取価格が気になったらコチラ♪

楽器買取のお問合わせ 電話 0120-311-329/こちらをクリック