はじめての楽器買取

弦が切れてしまった場合、買取は?

弦楽器の場合、弦が切れてしまう事は多々あるものです。
使い込んでいる人であれば、自分で弦を取り換える事ができるはずですが、出来ない人もいるはずです。
そういう場合に楽器買取ではどうするべきかをご紹介します。

楽器買取では、楽器の保存状態が査定価格に影響を及ぼします。
持ち込んだ時点での状態ですので、弦が切れていれば査定に影響してしまう可能性が高いです。
しかし、査定の基準はお店ごとで異なってきます。
弦の交換などの修理費用なども査定価格に組み込んで、その分査定価格が低く見積もられるお店もあれば、弦の交換程度の修理であれば無料で引き受けてもらえるお店もあります。
ただいずれにせよ、自分で弦の交換等、軽微な修理を行える人なら自分で修理を行ってから売りに出す方が、どのお店に買い取りに出す際にもリスクは低く抑えられるはずです。
しかし修理を自分で行えない場合、買い取りの際の査定額に影響を与えないお店、つまり、無料で修理を請け負ってくれるお店を探すことが重要です。
そうすれば、メンテナンス状況に左右されずに、本当の楽器そのものの価値のみで査定がなされるので査定額を減額されずに済みます。
もしも修理を請け負ってもらえる楽器買取業者が近くにない場合は、弦の張替えなどの修理を行ってから査定に出す方が、余計な減額項目を作らずに査定してもらえるので、自分で張替えができる出来ないにかかわらず、弦の張替えを行ってから査定に出すことが、高額買取につながります。

  • 弦楽器
  • PA機材
  • 管楽器
  • 打楽器
  • 鍵楽器
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • シンセサイザー

買取価格が気になったらコチラ♪

楽器買取のお問合わせ 電話 0120-311-329/こちらをクリック