はじめての楽器買取

ペイントしてしまった楽器は買い取ってもらえる?

楽器を愛用する方であれば、その愛用品に自分でオリジナルなペイントを施したことがある方も多いかと思います。
ではそういったオリジナルペイントは楽器買取にどう影響するかについて、お話ししたいと思います。

楽器買取においてペイントは査定額に影響してきます。
買い取られた楽器はその後、中古商品として売りに出されます。
売物として考えた場合、他の人が施したペイントは、どんなに愛情がこもっていてもただの「汚れ」となってしまいます。
少し悲しい感じがしてしまいますが、これが楽器買取における現実なのです。
汚れは買い取ってもらう際に減額項目となりますから、出来るだけ高い買取価格を目指すのであれば、売りに出す前にきちんと落としておく必要があります。
しかし、ペイントを自分で落とすことができない場合でも、買い取りが出来ないわけではありません。
この場合、減額項目があるので買取の際に査定額からその分が引かれてしまうのですが、この減額はこれらの修理・メンテナンス料として引かれているのです。
ですから、ペイントが施された楽器でも買い取ってもらうことは可能です。
しかし、せっかく売りに出すのであればあまり減額されては困りますよね。
ここで一つペイントを落とす方法をご紹介します。
使用するのは「ラッカーシンナー」のみです。
お手ごろ価格のギターのほとんどはポリ塗装が施されていますから、ラッカーシンナーを使ってもギター本来の塗装が剥げてしまう事はありません。
ラッカー塗装をされたギターはこの方法では落とすことができませんので注意してください。
このラッカーシンナーをペイント部分に着けてふき取るだけでペイントは落とすことが出来ます。
ギター自体の塗装に気を付けて、買取に出す前にギターを綺麗にしてみてください。

  • 弦楽器
  • PA機材
  • 管楽器
  • 打楽器
  • 鍵楽器
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • シンセサイザー

買取価格が気になったらコチラ♪

楽器買取のお問合わせ 電話 0120-311-329/こちらをクリック